持っていると便利なMOSとは何か

subpage01

耳にしたことがある方も多いMOSとは何でしょうか。MOSは「MicrosoftOfficeSpecialist」のことで、試験はパソコン教室などで行われています。


Word、Excel、PowerPoint、Access、Outlookと種類もいくつかあります。

取得することによるメリットは、就職活動のときにパソコンスキルのアピールになること。
求人情報などを見ると「パソコンが使える方」と書いてあることもありますが、使えることの証明になります。特にWordとExcelは、事務職であれば必ずといって良いほど使用するソフトではないでしょうか。



何から勉強すればよいのか分からないときは、問題集を1冊用意したり、教室に行くという選択肢もあります。

本当に初心者なら、MOS試験を実施しているパソコン教室で勉強すると、試験会場も同じ教室になる可能性があります。

OKWaveの詳細についてはこちらです。

試験時間は50分なので、時間内に合格ラインに達することができるように、何度も練習することがポイントです。



テキストなどをよく読むのはもちろんですが、慣れることが使いこなすことへの近道になります。
2010や2013など、細かく分かれているため、2010で練習して2013で受けてしまわないように気を付けましょう。すでに仕事に就いている場合でも、スキルアップのためにMOSを受けることをおすすめします。
よく使うソフトであれば、便利な機能を使いこなしたり、より効率よく仕事をすることに役立ちます。