MOS試験の試験会場

subpage01

事務職を目指す人に人気の高い、MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)ですが、マイクロソフト製品(ワード、エクセル、パワーポイント、アウトルック、アクセス)などを使いこなせる力があることを証明する資格となっています。
MOS資格を持っていると、就職や進学の際に少し有利になることがあります。

MOS試験の受験ですが、「全国一斉試験」と「随時試験」の2通りの受験方法があります。
「全国一斉試験」は月2回、決まった日時に指定された会場で試験を受けなければいけません。

しかし、試験を申し込む際に自分が受けたい場所、オフィスのバージョンを選んで申込みすることが出来ますので、自分の知らない場所の試験会場で受けなくてはいけないということはありません。



「随時試験」はその名の通り、随時試験が行われている試験会場です。

例えば、自分がMOSについて学んでいるパソコンスクールが試験会場になることもあります。



普段MOSについて学んでいる教室がそのまま試験会場になるので、「全国一斉試験」方式より落ち着いて問題を解くことが出来ます。


「全国一斉試験」と「随時試験」、いずれも自分が学んでいるオフィスのバージョンを必ず確かめてから試験を申し込むようにしましょう。また受検者IDが必要になりますので、試験当日慌てないようにあらかじめIDを取得しておきましょう。

教えて!goo情報収集ができます。

また制限時間が決まっていますので、自分のパソコンであらかじめ練習してから試験にのぞむことをおすすめします。